個人信用情報とは

・クレジットカードでの買い物
・家や車などのローン契約
・金融機関での借入れ
・携帯料金の分割契約

など、お金を借りたり分割払いでクレカを使用した場合、貸金業者は顧客情報と共に購入(契約)情報、返済情報などを各信用情報機関(JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター)へ報告・申請することが法律で義務付けられています。

この信用情報はキャッシングやカードローンを申し込み時や、クレジットカードや住宅ローンの審査などに利用される特性上、 支払いの延滞や踏み倒しなどのトラブルがあれば『事故情報』として登録されます。

個人信用情報は、支払いなどに問題のある顧客を明らかにする役割を果たしており、返済時におけるリスククを軽減する役割を担っています。 ブラックリストに登録されていれば、どんな新規ローンも通る確率は0に近いでしょう。

自分の信用情報は、各情報機関(JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター)に開示請求をすることで確認することが出来ます。
ご自身の信用情報が「ブラックかも?」と不安な方は、情報機関に登録されているかどうか一度確認してみる事をおすすめします。 ⇒信用情報の不安を解決したい方はコチラ!

HOME
ページ上へ