ブラックリスト登録の期間

基本的に個人信用情報機関に保持されているブラックな情報は、登録期間が設けられています。

この登録期間は定められており明白な誤情報でない限り、書き換えなどの修正、削除などはできませんが、期間が終了すれば自動的に削除される仕組みになっています。

登録期間 5年
・任意整理
・特定調停
・個人再生
・支払予定日より3ヶ月延滞した場合
・借金の残額がある状態での過払い金請求
登録期間 5~10年
・自己破産
登録期間 6ヶ月
・照会履歴

個人信用情報は保存期間が過ぎても、顧客側に「削除になりました」などといった通知は一切ありません。そのため登録内容を確認したい場合は、『信用情報開示請求』と呼ばれる方法でのみ可能です。

自分の信用情報は、各情報機関(JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター)に開示請求をすることで確認することが出来ます。
ご自身の信用情報が「ブラックかも?」と不安な方は、情報機関に登録されているかどうか一度確認してみる事をおすすめします。 ⇒信用情報の不安を解決したい方はコチラ!

HOME
ページ上へ